Share Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
Blog 12/23/2015 イベント | シリコンバレー Daisuke Yamamoto

注目はIoTとビッグデータ〜シリコンバレー/アメリカ各地のイベント情報 2016年1月-3月

こんにちは。Nissho Electronics USA山本大輔です。

Nissho Electronics USAが拠点を構えるここシリコンバレーを中心に、アメリカ全土では大小多くの技術関連イベントが開催され、テクノロジーリーダー達による情報交換が活発に行われています。前回の記事でご紹介したイベント情報に続いて、今回は2016年1月から3月に開催されるイベントを選りすぐってご紹介します。

2016年1月

CES2016

2016年1月6日~1月9日 場所:Las Vegas, NV

CES2016

毎年恒例のコンシューマーエレクトロニクスの見本市。テレビカメラが入ることも多く、日本でもよくニュースなどで放送されていますので、ご存知の方も多いと思います。2015年は17万人以上の来場者を迎え、大盛況でした。Connected car、3Dプリンター、ウェアラブル端末、映像機器、IoT関連デバイスなどコンシューマー向けの展示品が多く、ガジェット好きにはたまらないイベントです。キーノートなどカンファレンスセッションも充実しており、コンシューマーよりのトレンドを把握するには非常に良いイベントです。注意点は会場が非常に広いので、歩きやすい靴を履くのがオススメです。

IoT Evolution Expo

2016年1月25日~1月28日 場所:Fort Lauderdale, FL

IoT Evolution Expo

IoTにフォーカスしたイベント。8月のラスベガスでの開催に続き、今回は東海岸での開催となります。Connected Home, Connected Transportationなど領域を絞った個別コンファレンスも同時開催されます。様々な業界において新たなビジネスモデルを創出する可能性を秘めたIoTの今、未来を把握するのに最適なイベントです。

Big Data Innovation Summit

2016年1月28日~1月29日 場所:Las Vegas, NV

Big data Innobation summit

今やビジネス戦略において無くてはならないビッグデータに焦点を当てたイベントです。Fortune500に入る企業のChief Data Officerやデータサイエンティストをスピーカーに招き、24セッションが用意されています。ビッグデータに関するテクノロジー、事例、セキュリティ、必要なスキルなどが議論されます。ベンダーよりもユーザ企業による発表やパネルディスカッションが多いことも特徴的です。

2月

Container World

2016年2月16日~2月18日 場所:Santa Clara, CA

Container World

数年前のOpenStackを見ているような勢いのコンテナ。2015年6月に行われたDockerconもすぐに 完売になったことからも大きな注目を集めていることがわかります。本イベントではユーザ企業によるケーススタディの発表が中心ですが、ビジネスセッションとテクニカルセッションの2つのブレークアウトセッションが設けられているため、テクノロジーだけではなく、コンテナのビジネスにおけるインパクトなどを把握のにも有用なイベントです。

HIMSS Conference & Exhibition 2016

2016年2月29日~3月4日 場所:Las Vegas, NV

HIMSS Conference

HIMSSとは医療情報管理システム(The Healthcare Information and Management System Society)の略で、ベンダーや専門家を含む6万人以上の会員からなる、ITを通じてヘルスケアの進化を図ることを目的とした団体で、年一回カンファレンスと展示会を実施しています。業界特化型のイベントですが、ヘルスケアは最もウェアラブルやIoTの恩恵を受ける可能性があるため、そのあたりのトレンドを追っている人は要チェックです。医療系のアプリケーションのみならず、展示会場ではインフラ系のベンダーも多く出展をしています。

3月

IDC Directions 2016

2016年3月2日 場所:San Jose, CA  2016年3月22日 場所:Boston, MA

IDC Directions

リサーチ会社IDCが開催するAnnual Eventで 今年もSan JoseとBostonでの開催。1965年より開催されており、今回で51回目を迎えます。今年もおそらくIDCが提唱する「第三のプラットフォーム」をメインテーマとし、トップ・アナリストによるITの将来予測やITリーダーがなすべき施策を提言します。IT業界全体のトレンド把握と企業のIT戦略立案に大きく貢献するイベントです。アナリストとの1on1も用意されているため、イベント参加ついでに色々相談できるかも?

Open Compute U.S. Summit

2016年3月9日~3月10日 場所:San Jose, CA

Open Compute US summit

2011年Facebookから始まったOCP(Open Compute Project)。2016年で6年目を迎えます。ここアメリカでは実際に商用でOCPの採用が進んでいることを目にすることが多いです。Google、Facebook、Amazonのようなウェブスケール企業のテクノロジーがエンタープライズに普及し始めていることは非常に注目です。昨年の最大の目玉はFacebookがToR(Top of Rack)スイッチのWedgeをOCPへ寄贈することを発表したことでした。今回はどのような議論がなされるのか楽しみです。

Open Networking Summit

2016年3月14日~3月17日 場所:Santa Clara, CA

Open Networking Summit

2015年11月23日にLinux FoundationがOpen Networking SummitをLinux Foundation主催のイベントにすることを発表しました。これによりLinux Foundation配下のプロジェクトであるONOS、Open Daylight、OPNFVなどとのコラボレーションが加速することが予想されます。今回はその発表から初のイベントになるため、これまでのONSとの比較を楽しむのも良いかもしれません。言うまでもなくSDN/NFVのトレンドを押さえるには非常に良いイベントです。

Strata + Hadoop World

2016年3月28日~3月31日 場所:San Jose, CA

Strata+Hadoop World

大規模データ処理基盤Hadoopのテクノロジーカンファレンス。例年、Hadoop関連ベンダー各社が大きな発表を行い、多くのユーザ事例を知ることができるイベントです。前半2日間はトレーニングコースも用意されているため、バリバリのエンジニアはそちらへの参加も面白いかもしれません。最近はIoT、Sparkなどのキーワードが多く、リアルタイム性の高い領域でのユースケースが多く見られます。DB関連やビッグデータに興味を持たれている方は是非ご参加ください。

イベント参加のTips

今回も様々なイベントを紹介してきましたが、ここで4つの豆知識をご紹介します。

  1. レセプション

    多くのイベントでは夜にレセプションイベントが用意されています。展示会場が夕方5時頃にオープンして、お酒や軽食が振舞われる形式が多いですね。ビール片手にブースを回るとよりリラックスして話が聞けますね。また、特定メーカがスポンサーになってお店を貸し切ってのネットワークイベントなどもあります。こういった場で普段なかなか会うチャンスが無いユーザ企業の方々から話を聞けるのは非常に有益です。

  2. モバイルアプリ

    最近のイベントでは、イベント用にモバイルアプリを公開しているケースが多いです。スマートフォンに事前にインストールしておけば、すぐにアジェンダや会場内の地図、スピーカーのプロフィールなどが確認できます。

  3. ディスカウントコード

    なかなか良いお値段のするイベントが多いですが、実はディスカウントコードや早割のような仕組みがあります。参加予定のイベントを早めに見繕ってメールマガジンの購読やソーシャルメディアで繋がることでお得なディスカウントコードを入手できるケースがあります。早割に関しては期限を事前にしっかり認識しておくことが重要ですね。

  4. ビデオ/資料のダウンロード

    最近はセッションが録画されているケースが多いです。やはり英語のセッションはなかなか一度聞いただけでは100%理解できないことも多いので、ビデオを後で見ることでより理解が深まります。また、複数セッションが同時に行われるようなケースにおいても、ビデオがあれば、見逃しを避けることが出来ます。また、セッション資料もダウンロードできるケースがありますので、事前にダウンロードできる場合は軽く予習していくと良いかもしれませんね。

Nissho Electronics USAでは、日本のお客様に最新のテクノロジーをいち早くお届けするために米国シリコンバレーにおいて活動を行っており、上記のようなイベントには当社からも参加予定です。もし参加される方がいらっしゃいましたら、是非会場でお会いしましょう。次のようなご質問・ご依頼も承っておりますので、お問い合わせフォームよりどうぞお気軽にお問い合わせください。

  • xxxx関連の技術動向が知りたいが、どのイベントがお勧め?
  • x月頃に米国出張を予定しているが、その時期に何か良いイベントはない?
  • xxxxというイベントに参加予定だが、イベント期間中にベンダーとのミーティングをセットアップできない?
Share Button
このエントリーをはてなブックマークに追加

Newsletter Signup

シリコンバレーにおけるICTトレンドやローカル情報、日商エレクトロニクスの取り組みに関する最新情報などをいち早くお届けします。

 ニュースレター登録 お問い合わせ

 

コメント

 

関連記事

Retai's Big Show & Expo 2020
Blog 01/17/2020 USユーザートレンド | イベント | トレンド | リテール | リテールテック Nobuyuki Komatsu

【Retail’s Big Show & Expo 2020】NikeとPumaの顧客獲得アプローチの違いに学ぶ「New Retail」の鍵とは

Amazonの登場でもっともインパクトを受けた業界はやはりリテール業界ではないでしょうか。ここ10年でAmazonの売上は2.5兆円($24B)から30兆円($290B)にまで成長しています。ここまでの成長率は若い会社であれば分からなくもあ […]

続きを見る
CES2020
Blog 01/08/2020 イベント | エンタープライズ | カンファレンス | トレンド Shuichi Noto

【CES 2020 速報】注目のベスト・オブ・イノベーションアワード受賞企業をご紹介!

世界最大級の見本市、CES(Consumer Electronics Show)。今年も2020年1月6日から10日にかけて米国ネバダ州ラスベガスにてが開催されています。数多くの著名人の講演、5Gやスマートシティなどの幅広いテーマのコンテン […]

続きを見る
Money20/20 2019
Blog 12/12/2019 Money20/20 | イベント | トレンド | フィンテック | 決済 Nobuyuki Komatsu

【Money20/20 2019 レポート】UberのGrab化に見るアジアのスーパーアプリ模倣の兆し

2019年10月末、米国ラスベガスで開催された、世界最大級の決済・金融イベントである「Money20/20」に参加しました。 個人的に印象的だったのは、イベントの主役が今までの大手金融機関からAmazonやUber、Facebookなど、デ […]

続きを見る

著者紹介

Daisuke Yamamoto

Daisuke Yamamoto

2014年5月に渡米しNissho USAのManager of Marketing & Business Developmentに着任。主にCloud, Storageエリアを担当。豊富な営業経験から顧客需要を満たすソリューション発掘を得意とする。

Daisuke Yamamotoの他の記事を読む

Newsletter Signup

シリコンバレーにおけるICTトレンドやローカル情報、日商エレクトロニクスの取り組みに関する最新情報などをいち早くお届けします。

 ニュースレター登録 お問い合わせ

絞り込み検索

Top
MENU