Share Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
Blog 01/08/2020 イベント | エンタープライズ | カンファレンス | トレンド Shuichi Noto

【CES 2020 速報】注目のベスト・オブ・イノベーションアワード受賞企業をご紹介!

世界最大級の見本市、CES(Consumer Electronics Show)。今年も2020年1月6日から10日にかけて米国ネバダ州ラスベガスにてが開催されています。数多くの著名人の講演、5Gやスマートシティなどの幅広いテーマのコンテンツが充実する本イベントの中でも、最も注目を集めるのがベスト・オブ・イノベーションアワードです。本アワードはイノベーション・アワードを獲得した企業の中から最も優れた企業に贈られる賞となり、世界中からの注目も高い賞です。今回は受賞した31企業の内、日本で生活されている方々の生活を便利にする5社をピックアップしてお届けしたいと思います。

遊び感覚でプログラミングを学べるCode Jumper

Code Jumperは子供(目安は7才から11才)向けにプログラミングスキルを学べるおもちゃを提供しています。教科書などで学ぶ従来の学習方法と異なり、遊ぶ感覚でプログラミングのスキルをストレスなく学ぶことができます。またプログラミングスキルのない先生でもファシリテートできるようにしたことで、子供がプログラミングを学べる環境を容易に実現しました。大人でも試してみたくなる製品です。

Code Jumper

睡眠を質を向上させるSeep Number

マットレスメーカーのSleep Nubmerが提供するnew Climate360は、個人毎に適切な温度を自動で調整するマットレスです。米国では80%の人々が睡眠中暑すぎたり寒すぎたりと適切な温度で睡眠をとることができておらず、結果的に健康にも影響を及ぼしているという問題があります。new Climate360は適切な温度を自動で調整することにより、質の高い睡眠に繋げ、健康促進を実現するマットレスとして注目されています。また睡眠中のデータをスコアリングして睡眠の質を可視化することも可能です。睡眠に悩まれている方には気になる製品ではないでしょうか。

Sleep Number

テクノロジーを活用して質の高い歯磨きを提供Colgate

オーラルケア製品メーカーのColgateが提供するColgate Plaqless Propはテクノロジーを活用して質の高い歯磨きを実現する歯ブラシです。この歯ブラシにはセンサーが搭載されており、スマートフォンと連携して磨いた部分やまだ磨いていない部分がわかるようになっています。磨き残しを防ぎ、歯磨きの質を向上させるこの歯ブラシは子供から大人まで活用することができる製品です。

Colgate

IoT時代でもセキュアな環境を実現するAvast

Avastが提供するavast omniはIoT環境向けのセキュリティ製品です。スマートフォン、スマートTV、冷蔵庫など家のIoT機器は今後益々増えていくことが想定されます。しかし1つ1つのIoT機器にセキュリティ対策をしていくことは手間と時間がかかるため、セキュリティ対策は後回しになる傾向がありました。このavast omniは、自宅で使っているルータと連携させるだけで全てのIoT機器のセキュリティを担保します。セキュリティ状態はアプリで確認・コントロールすることが可能です。セキュアなIoT環境の実現に向けてこの機会に見直してみてはいかがでしょうか。

avast

頭の中を読み取って操作するウェアラブル端末のNextMind

NextMindが提供するソリューションはウェアラブル端末ですが、従来の製品とは全く異なるユーザーエクスペリエンスを実現しています。NextMindのウェアラブル端末は人間の考えを読み取り、デジタルコマンドを実行することを可能にしたのです。同社が提供しているテレビのチャンネルを変更するデモ動画では、ユーザーがリモコンなどの操作を一切せず、チャンネルを変えています。デバイスが脳の中を読み取ってデジタルコマンドを発信することができるようになったことで、今後私たちの生活が劇的に変わるかもしれません。

NextMind

まとめ

今回は教育、マットレス、ヘルスケア、ホームセキュリティ、ウェアラブルを取り上げましたが、他にも幅広い分野で新たなテクノロジーとビジネスアイディアが次々と誕生しており、改めてITの活用が今後企業の成長を左右していくと実感しました。数年前までマットレスや歯ブラシにAIやセンサーを活用することなど想像もしていませんでしたが、今では当たり前のようにITを活用して製品の価値を高めています。今までITとは関係が薄かった業界や企業もITの力を活用して、新たな価値を生むサービスを実現しています。

弊社ではイノベーティブなビジネスモデルの創出を目指して、米国企業の取り組みや斬新なスタートアップ発掘を行っています。金融業界やリテール業界など業界に特化したスタートアップ発掘も開始しております。是非お気軽にお問い合わせください。

弊社へのお問い合わせはこちらのフォームよりお気軽にご連絡ください。

Share Button
このエントリーをはてなブックマークに追加

Newsletter Signup

シリコンバレーにおけるICTトレンドやローカル情報、日商エレクトロニクスの取り組みに関する最新情報などをいち早くお届けします。

 ニュースレター登録 お問い合わせ

 

コメント

 

関連記事

IT-conference-2020
Blog 02/07/2020 イベント | カンファレンス Nobuyuki Komatsu

2020年春~夏に参加すべき北米ITイベント9選

Nissho Electronics USAが拠点を構えるここシリコンバレーを中心に、北米では多くのテクノロジー関連イベントが開催されており、テクノロジーリーダー達による情報交換が活発に行われています。 イベントの規模は大小様々ですが、どれ […]

続きを見る
Retai's Big Show & Expo 2020
Blog 01/17/2020 USユーザートレンド | イベント | トレンド | リテール | リテールテック Nobuyuki Komatsu

【Retail’s Big Show & Expo 2020】NikeとPumaの顧客獲得アプローチの違いに学ぶ「New Retail」の鍵とは

Amazonの登場でもっともインパクトを受けた業界はやはりリテール業界ではないでしょうか。ここ10年でAmazonの売上は2.5兆円($24B)から30兆円($290B)にまで成長しています。ここまでの成長率は若い会社であれば分からなくもあ […]

続きを見る
Money20/20 2019
Blog 12/12/2019 Money20/20 | イベント | トレンド | フィンテック | 決済 Nobuyuki Komatsu

【Money20/20 2019 レポート】UberのGrab化に見るアジアのスーパーアプリ模倣の兆し

2019年10月末、米国ラスベガスで開催された、世界最大級の決済・金融イベントである「Money20/20」に参加しました。 個人的に印象的だったのは、イベントの主役が今までの大手金融機関からAmazonやUber、Facebookなど、デ […]

続きを見る

著者紹介

Shuichi Noto

Shuichi Noto

2019年3月までOTT事業者向け担当営業として活動し同4月にNissho USAのManager of Marketing & Business Developmentに着任。お客様のビジネスを共創&サポートできるようなソリューションの発掘を目指し、シリコンバレーで活動したいと考えている。趣味はサッカー、ゴルフ、旅行。 Follow @Notton141

Shuichi Notoの他の記事を読む

Newsletter Signup

シリコンバレーにおけるICTトレンドやローカル情報、日商エレクトロニクスの取り組みに関する最新情報などをいち早くお届けします。

 ニュースレター登録 お問い合わせ

絞り込み検索

Top
MENU