Share Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
Blog 10/05/2017 Yukiharu Matsugu

ITトレンドが把握できる2017年冬のイベント情報 ~シリコンバレー/アメリカ2017年11月-3月

こんにちわ。Nissho Electronics USAの真次です。Nissho Electronics USAが拠点を構えるここシリコンバレーを中心に、アメリカ全土では大小多くの技術関連イベントが開催され、テクノロジーリーダー達による情報交換が活発に行われています。 今回は2017年11月-3月に開催されるイベントを選りすぐってご紹介します。

11月

CloudNativeCon + Kubecon

kubecon

2017年11月6日~11月8日 場所:Austin, Texas

LinuxFonudation主催のCloudNativeCon + Kubecon。設定・運用自動化機能であるオーケストラレーションで覇権を取りつつあるKubernetesをはじめとした各コミュニティの最新情報を入手できます。世界各国からエンジニアが集まります。Dockerをはじめとするコンテナ関連の技術者の方におすすめです。実践ワークショップ、技術セッションなどエンジニア向けのコンテンツが用意されています。

AWS re:INVENT 2017

aws-reInvent

2017年11月27日~12月1日 場所:Las Vegas, NV

AWSの年次イベント。数多くの最新技術が発表されます。今年で6回目を迎える、言わずと知れたクラウド業界の巨人Amazon Web Servicesによる最大規模のグローバルコミュニティイベントです。実践ワークショップ、技術セッション、アーキテクチャから運用まであらゆるテーマを扱う詳細な技術コンテンツなど、250を超えるセッションを開催予定。AWS関連のトレンド、Tipsの把握のみならず、クラウド業界の最新トレンドを把握できます。

参考:驚くべきAmazonの破壊力 – AWS Re:invent 2016 –

12月

AI World

ai-world

2017年12月11日~12月13日 場所:Boston, MA

AIとマシーンラーニングの最新情報が聞けるイベント。参加者2500人以上が見込まれています。AIを活用している製品は増え続けています。エンタープライズ、金融など各業界の様々なAI事例が発表されます。AIトレンドを把握されたい方、ビジネスに活用されたい方におすすめです。

2018年1月

CES2018

ces2018

2018年1月9日~1月12日 場所:Las Vegas, NV

毎年恒例のコンシューマーエレクトロニクスの見本市。テレビカメラが入ることも多く、日本でもよくニュースなどで放送されているので、ご存知の方も多いと思います。2015年は17万人以上の来場者を迎え、大盛況でした。Connected car、3Dプリンター、ウェアラブル端末、映像機器、IoT関連デバイスなどコンシューマー向けの展示品が多く、ガジェット好きにはたまらないイベントです。キーノートなどカンファレンスセッションも充実しており、コンシューマーよりのトレンドを把握するには非常に良いイベントです。注意点は会場が非常に広いので、歩きやすい靴を履くのがオススメです。

参考:CES2017 注目はAmazon Alexa。IoT Securityはまだこれから

Retail’s BIG Show

nrf2018

2018年1月14日~1月16日 場所:New York City, NY

NRF(全米小売業協会)が主催するリテール分野での最大級のカンファレンスです。昨年は30000人以上が来場し、Walmartを始め、リテールのトップ100社のうち84社が参加しています。IT活用事例が多く発表されるため、リテール業界のトレンドを把握されたい方にお勧めです。

2月

Container World

container-world

2018年2月26日~2月28日 場所:Santa Clara, CA

このイベントでは、ユーザ企業によるケーススタディの発表が中心です。ビジネスセッションとテクニカルセッションの2つに分けられているため、エンジニアだけではなく、製品担当、マーケティングの方々にもおすすめ手のイベントです。徐々に活用が一般化しつつあるコンテナにおいて、テクノロジーだけではなく、ビジネスにおけるインパクトなどを把握することができます。

IDC Directions 2018

idc

2018年2月27日 場所:Santa Clara, CA

リサーチ会社IDCが開催する年次イベントで 今年もSan JoseとBostonでの開催。1965年より開催されており、今回で51回目を迎えます。トップ・アナリストによるITの将来予測やITリーダーがなすべき施策を提言します。IT業界全体のトレンド把握と企業のIT戦略立案に大きく貢献するイベントです。エグゼクティブ、マーケティングの方におすすめです。アナリストとの個別相談の時間も用意されているため、イベント参加ついでに色々相談できるかも?

3月

Himss18

himss2018

2018年3月5日~3月9日 場所:Las Vegas, NV

HIMSSとは医療情報管理システム(The Healthcare Information and Management System Society)の略で、ベンダーや専門家を含む6万人以上の会員からなる、ITを通じてヘルスケアの進化を図ることを目的とした団体で、年に1度のカンファレンスと展示会を実施しています。業界特化型のイベントですが、ヘルスケアは最もウェアラブルやIoTの恩恵を受ける可能性があるため、そのあたりのトレンドを追っている人は要チェックです。医療系のアプリケーションのみならず、展示会場ではインフラ系のベンダーも多く出展しています。

SXSW 2018

sxsw2018

2018年3月9日~3月17日 場所:Austin, TX

SXSWは3月10日から19日にわたってアメリカ南部のテキサス州オースティンで開催され、1987年 から続いている歴史あるカンファレンスです。元々は音楽・映画のイベントでしたが、インタラクティブ(テクノロジー)も加わり、毎年規模を拡大しています。幅広い分野のITトレンドのセッションがあるため、トレンドを把握したい方におすすめのイベントです。Startupのピッチイベントも多く開催されます。早めの登録でカンファレンス料金が割引になります。

参考:

SXSW2017 現地レポート#1 – Startupの登竜門、Accelerator Pitch Event

SXSW2017 現地レポート#2 – UberとLyftがいない街、 オースティンの交通事情の変化とは

SXSW2017 現地レポート#3 – SXSW2018に初めて参加する人向け、事前準備のすすめ

 

Open Compute U.S Summit

ocp-summit2018

2018年3月20日~3月21日 場所:San Jose, CA

2011年Facebookから始まったOCP(Open Compute Project)。2016年で6年目を迎えます。ここアメリカでは実際に商用でOCPの採用が進んでいることを目にすることが多くあります。Google、Facebook、Amazonのようなウェブスケール企業のテクノロジーがエンタープライズに普及し始めていることは非常に注目です。今回はどのような議論がなされるのか楽しみです。

 

以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。 ご質問はこちらの質問フォームからお気軽にご連絡ください。 Nissho Electronics USAではシリコンバレーから旬な最新情報を提供しています。 こんなことを調べてほしい!などございましたらぜひご連絡ください。

Share Button
このエントリーをはてなブックマークに追加

Newsletter Signup

シリコンバレーにおけるICTトレンドやローカル情報、日商エレクトロニクスの取り組みに関する最新情報などをいち早くお届けします。

 ニュースレター登録 お問い合わせ

 

コメント

 

関連記事

著者紹介

Yukiharu Matsugu

Yukiharu Matsugu

2016年4月よりNissho USAに着任。屋外ネットワークとコンピューティングが得意。ITがワークスタイルを変革できると信じて日々最新情報を収集中。サッカーと将棋が好き。

Yukiharu Matsuguの他の記事を読む

Newsletter Signup

シリコンバレーにおけるICTトレンドやローカル情報、日商エレクトロニクスの取り組みに関する最新情報などをいち早くお届けします。

 ニュースレター登録 お問い合わせ

絞り込み検索

Top
MENU