Share Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
Blog 06/26/2018 Team Nelco

アメリカの最新貨物運送業界IT事情とは

Eコマースの普及や流通のオムニチャネル化がトレンドとなり、物流業界でもデータやIoT技術活用の重要性が唱えられはじめています。運輸や貨物保管などを中心とする物流業界は、ただでさえ、ステイクホルダーが多く、コミュニケーションが複雑になりがちです。そして、近年のオムニチャネル化をはじめとする業界トレンドは、その必要性に拍車をかけているように見えます。このため、輸送ネットワークの更新やITを含む設備投資の実現という課題が急務となっています。

しかし、日本国内では2002年にロジサードからWMSのサービス提供が開始し普及が広まってはいるもののまだ一部であるのが現状。業務をシンプル化させるためのシステム導入に関しては、まだまだ改善の余地がありそうです。

貨物輸送・管理業界にもインターネットを使ったIT化の波

そんな貨物の輸送・管理のシーンにおけるインターネットを介した自動データ活用を組み込むウェブサービスが、アメリカで話題となってきています。

インターネットやクラウドを利用したサービスは数多く生まれていますが、貨物の輸送・管理のシーンについては見逃されがちな傾向にありました。そのため、これらの業界での業務プロセスは、他に比べるとややオールドファッション気味な側面があり、ステークホルダー間のやり取りや利用申し込みが煩雑だったり、柔軟性に欠けることが多々ありました。

アメリカのスタートアップである倉庫業界のFlowspaceと貨物輸送界のFlexportは、そんな状況を変えるべく誕生しました。彼らは、複雑な業務をウェブ上でより効率的に行えるようインターネットの技術を組み込んだシステムを提供しています。

倉庫業界のFlowspace

Flowspaceはインターネットを介して、ビジネス向けに最短1ヶ月ベースのオンデマンドで倉庫の貸し借りを可能にしたスタートアップです。彼らは、倉庫の貸し借りのみならず、運送の手配や在庫管理を1つのウェブスペース上ですべて行えるシステムを提供しています。

貨物輸送界のFlexport

Flexportもインターネットを介したソフトウェアを活用して、国際輸送における煩雑な業務をシンプルかつ明確にしようと取り組むスタートアップです。輸送方法は、海上輸送、航空便、列車輸送、トラックでの輸送とほぼすべての方法に対応。ステイクホルダー間のコミュニケーションやデータ管理、貨物のトラッキングなどが主なサービスとなっています。

では、オンライン上のコミュニケーションやデータの自動処理がキーのこれらのスタートアップはどのように業界に変化を起こしているのでしょうか。以下で説明していきます。

1. 貨物のリアルタイムトラッキングや利用状況確認が可能に!

Flowspaceは、貨物の在庫状況の確認、貨物の出発・到着、Flowspaceに登録された倉庫間の移動において、その移動状況のトラッキングをリアルタイムで行えるようにしています。ユーザーはオンラインのダッシュボードで状況を把握することができます。

このような機能は、Flexportも同様にデフォルトになっており、貨物の現在位置や出荷状況などをリアルタイムで確認することが可能です。つまり、いつまでに配送可能かといったことが容易にわかるようになりました。

また、Flexportは倉庫側、輸送側など、様々なステイクホルダーとのコミュニケーションも1つのダッシュボード上から行うことができる仕組みを提供しており、これまでありがちだった電子メールの無限往復によるコミュニケーションも、チャット型でシンプルに実現しています。

flexport1

2. インターネットベースでデータを一元管理、より容易なデータ利用 

さらに、この業界では、データの管理もそれぞれの倉庫や運送担当会社などがそれぞれの立場でエクセルなどを使って個々にデータを収集し分析・活用するのが一般的で、それらを管理するソフトウェアはあっても複雑で使いにくいという問題がありました。

しかし、Flowspaceでは、在庫状況や倉庫のスペース利用状況をデータとして自動で一括管理されるので、様々な書類管理や複数のエクセル資料を統合していくといったプロセスは不要になりました。

データは単にインプットされるのみならず、ダッシュボード上に利用状況のデータ分析等を通じてビジュアライズ化もされます。ユーザーは、ビジネスプランの状況確認や見直しなどに利用できるのです。

flowspace

3. 必要なときに必要な分だけ!柔軟なオンデマンドサービスを可能に 

商品の在庫やEコマースでの発送予定商品を保管するために貸し倉庫スペースを契約する企業は多いでしょう。しかし、季節的な需要で一時的に倉庫が必要ということもあれば、突発的に増えた商品需要がいつまで続くか予想がつかない場合もあります。従来的な倉庫業社の場合は、年単位の長期的なリース契約を求めるため、契約に踏み切るのも相当なコミットメントを必要としたのではないでしょうか。

Flowspaceによれば、従来の一般的な倉庫業では、長期契約したものの需要がない時期は倉庫スペースがガラ空き状態であったり、それにも関わらずスペースは契約済みであるために後からスペースを必要とする企業がいても、利用を断らざるを得ないということもあったりしたということです。

しかし、Flowspaceは、インターネットを介してデータの分析管理をすることができるため、オンデマンドでの貸し出しを行った場合の経営上のリスクを削減し、月単位で必要な大きさのみの倉庫スペースを貸し出すシステムを可能にしています。また、ユーザーは、貸出側になることも可能で、まるでAirbnbの倉庫版のようにスペースの有効活用を促しています。

同様にFlexportも貨物輸送業界の長期かつ定期的なプラン契約を見直し、必要なときに必要な方法で貨物輸送を委託できるシステムを提供することで、限りある航空便やその他の輸送手段を有効に活用させています。

従来は難しいとされていた、このような柔軟な対応を実現できたのは、インターネット上で様々なデータを一括管理、瞬時に処理できるシステムがあるからこそです。

flowspace2

今後貨物の輸送・管理の業界に求められるインターネット技術の導入

以上のように、一元的でスムーズかつ柔軟な業務プロセスの導入が遅れ気味だった貨物の輸送・管理の業界でも、インターネット上でのデータ管理の自動化が始まっています。

小売の場面でのデジタル化やオムニチャネル化によるデータ管理の複雑化が進み、より時代に即した素早く正確な対応が求められる今、このようなインターネットを用いたデータ管理サービスを導入する必要性は間違いなく高まっています。

まだまだ従来の大手企業たちがこのような仕組みを取り入れているわけではないようですが、このような技術を必要としている企業は、このようなトレンドを素早く察知し、取り入れていく準備を進めていくことが求められそうです。

Nissho Electronics USAではシリコンバレーから旬な最新情報を提供しています。こんなことを調べてほしい!などございましたら、こちらのお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。日商エレクトロニクスのサービスの詳細はこちらから

Share Button
このエントリーをはてなブックマークに追加

Newsletter Signup

シリコンバレーにおけるICTトレンドやローカル情報、日商エレクトロニクスの取り組みに関する最新情報などをいち早くお届けします。

 ニュースレター登録 お問い合わせ

 

コメント

 

関連記事

著者紹介

Team Nelco

Team Nelco

Team Nelcoの他の記事を読む

Newsletter Signup

シリコンバレーにおけるICTトレンドやローカル情報、日商エレクトロニクスの取り組みに関する最新情報などをいち早くお届けします。

 ニュースレター登録 お問い合わせ

絞り込み検索

Top
MENU