Share Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
Blog 11/28/2016 シリコンバレー Tatsuo Hosoi

シリコンバレーでマーケターとして大切なこと

こんにちは。Nissho Electronics USA細井です。

11月24日のThanks Givingが過ぎますと、米国では一挙にクリスマスモードに突入します。月日が経つのが速いのが、刺激的なシリコンバレーでの生活だからか、それとも重ねてきた歳理由か・・・。今回はそんなシリコンバレーでマーケティングを担当している者として、日々心がけているポイントを綴ってみます。

サングラスは必需品だが、色眼鏡をかけてはいけない?

カリフォルニアと言えば、カラっとした気候で、強い日差しと抜けるような青空!をイメージされる方も多いと思いますが、こちらの生活で昼間の移動にはサングラスは必需品です。

marketing-at-siliconvalley_01

シリコンバレーで数多くのスタートアップ企業がチャレンジしていますが、成功は一握りで、多くの企業は志半ばで上手くゆきませんが、一度や二度の失敗にはあきらめず、果敢にも次なるチャレンジをする方も多いです。

これは、ベンチャーキャピタル(VC)や投資家の方々をはじめ多くの資金が集まり、企業のチャンスがある事はもちろんですが、日々現れる困難に直面し傷んだ心を、この青空が“どうにかなるさ!”という気持ちにさせてくれるからだ!!!とも言われていますが、私もこの地に住み始めて、この意見はあながち間違っていないのだろうな・・・・と思います。

さてさて11月となり朝晩の気温はめっきり下がってきましたが、日中の日差しは未だ強くサングラスは生き続き手放せません。そんなサングラスですが、和訳すると色眼鏡とか黒メガネなどと辞書には載っています。逆に色眼鏡を逆に英訳すると、PrejudiceとかBiasといった“偏見”とか“先入観”という意味でも載っていて、メガネというツールではなく、考え方の隠語となっているのは面白いですね。

サングラス:Sunglasses , 色眼鏡(偏見):Prejudice、(先入観):Bias

当地で日々スタートアップ企業やユニコーン企業(評価額が10億ドル(約1,200億円)以上で、上場をしていない企業)、既に成功を収めた大企業の設立者の方々とお会いし話す機会があると、彼らは豊富な経験に基づく知識は持ちながら、偏見を持たず、まずは目の前の技術、市場環境、アイデアをありのままを見て、聞いて考えている印象を持ちます。

情報がインターネットで世界中から簡単に検索でき、入手できるようになりましたが、シリコンバレーでの最初の一歩は、事実(素の情報)に触れて、自ら判断し、行動を興すということをされているようです。テスラ、Uber、Airbnb、Facebook、などなど数多くの企業が異業種からの参入でイノベーションを産み、驚くべき成長を遂げてきた歴史から学ぶとすれば、まずはこの先入観を持たない事の重要性に気づきます。サングラスは必要ですが、“色眼鏡(偏見・先入観)”は要りませんね!

今また異業種からの参入で活性化されてきている市場が、ヘルスケア、金融、教育、旅行、農業、電力、水産業、などなどです。AI(人工知能)、VR/AR、BigData、など進化するテクノロジーを活かした新しいサービスが生まれてきています。

Meetupで情報を収集すべし

異業種交流の場としてもMeetupが盛んです。至るところで毎晩のように、様々なテーマのMeetupやネットワーキングと呼ばれる会が開催されていて、参加の敷居も高くはありません。参加の仕方は知人の紹介、オフィスのハッピーアワーイベントのへの参加、またはMeetup専用のWebサイトでイベントを探すことも可能です。

shutterstock_346224740

ビールやピザなど軽食を片手に自分たちの考えを紹介したり、意見をぶつけ合っています。技術関係はもちろん、生活、趣味、文化など色々なカテゴリーがあります。お酒が入るので、サンフランシスコのダウンタウンのBARカウンターのあるお店で開催される事も多く、優秀な若者達がサンフランシスコのお洒落なダウンタウンに夜な夜な集っています。こんなMeetupからも異業種参入のヒントが生まれているかもしれません。

私もシリコンバレーに在住しはじめ早いもので半年が経ちました。この地でITの世界の最先端のリアルに触れられるという環境を活かして、サングラスは使いつつも、心の眼には色眼鏡はかけずに活動をする事を日々心がけて行きたいと思っています。私と愛用のサングラスは“クラウドの先の世界”を見つけられるでしょうか!? (必ず見つけます!)

marketing-at-siliconvalley_02

 

Nissho Electronics USAは上記のようなトレンドを把握の上、来るべきデジタルビジネス時代に備え、様々な観点からシリコンバレーで調査を行い、日商エレクトロニクスと連携し、お客様に対し最適な提案をしてまいります。

お問い合わせフォームより、どうぞお気軽にお問い合わせください。

Share Button
このエントリーをはてなブックマークに追加

Newsletter Signup

シリコンバレーにおけるICTトレンドやローカル情報、日商エレクトロニクスの取り組みに関する最新情報などをいち早くお届けします。

 ニュースレター登録

 

コメント

 

関連記事

TOP-compressor
Blog 12/14/2016 サイバーセキュリティー | シリコンバレー | フィンテック Yukiharu Matsugu

【Fintech】シリコンバレー流お金の渡し方 個人間送金アプリ

こんにちは。真次です。 アメリカではクレジットカードorデビットカードがどこでも利用できるため、現金をほぼ使いません。そのため、友人と割り勘をする際など現金を渡す必要がある場合に困ることがあります。 日本であればATMでおろしてくるもしくは […]

続きを見る
shutterstock_308068202-(1)-compressor
Blog 12/07/2016 シリコンバレー Team Nelco

自動運転技術はどこまで進んでいるのか?‐注目の自動運転支援システム13選

シリコンバレーでは自動車やモビリティ関連にフォーカスしてスタートアップに投資するVCが出てきているくらい、スタートアップの自動車業界の注目度は高い。 例えば、テスラから発売されて一気に知名度が上がったインターネット通信機能を持つコネクティッ […]

続きを見る
グラフィックス1
Blog 12/06/2016 IoT | イベント | シリコンバレー | 人工知能 Daisuke Yamamoto

驚くべきAmazonの破壊力 – AWS Re:invent 2016 –

こんにちは。Nissho Electronics USA山本大輔です。 先日、大盛況の中、行われたAWS Re:inventに参加してきましたので、その内容についてレポートします。 AWS Re:inventとは? AWS re:Inven […]

続きを見る

著者紹介

Tatsuo Hosoi

Tatsuo Hosoi

2016年3月までネットワーク及びサイバーセキュリティー分野のマーケティングを担当。同4月にNissho USAのPresidentに着任し、ICT全般のマーケティングを担当する。最先端の動向を掴むべく、持ち前の行動力を活かし、青空の下で日々、東西南北動き回る事を楽しみにしている。

Tatsuo Hosoiの他の記事を読む

絞り込み検索

人気記事

Top
MENU