Share Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
Blog 06/06/2017 IoT | イベント | シリコンバレー | ブロックチェーン | 人工知能 Yukiharu Matsugu

TOYOTA、シェアリングエコノミーに本格対応。選ばれたブロックチェーンスタートアップとは

こんにちは。Nissho Electronics USAの真次です。 

TOYOTAの研究拠点であるTOYOTA Research Institute(TRI)が、5月22日~24日にNewYorkで開催された「Consensus 2017」にて、MITおよび4社のスタートアップと協力してブロックチェーンを自動運転、シェアリングカーに応用するための共同研究を開始することを発表しました。 

TOYOTA-Research-Institute-compressor

発表で示されたブロックチェーンの活用方法は3つです。  

  1. 自動運転車開発のためのデータ共有 
  2. シェアリングカーへのスマートコントラクト 
  3. 使った時間だけ課金される自動車保険システム 

従来の中央集権型の仕組みではなく、3つの分野にブロックチェーンを活用することで手数料の削減、スピードの短縮、スケーラビリティの確保、取引詐欺の低減を実現していきます。 

 今回はTRIがパートナに選んだブロックチェーンのスタートアップ4社をご紹介します

1. Oaken Innovations

Oaken Innovations

2017年2月設立。Seed Round 。HQはDallas。 

IPSFとEthereumを使って、シェアリングにおけるオーナーとドライバーのPeer to peerプラットフォームを提供します。車の場所を探す、鍵の開閉、支払いなどをBlockchain上で処理を行い、低い手数料、セキュアで迅速な取引を実現します。Softwareだけではなく、ACORNsと呼ばれるラズベリー・パイをベースにしたIoTプラットフォームも提供しています。ドバイで行われたブロックチェーンハッカソンでも見事優勝しています。

 

2. Commuterz

Commuterz-compressor

2017年3月に設立 Seed Round 。HQはイスラエルのテルアビブ 

 カーシェアリングのプラットフォームを提供します。従来のカープーリングサービスにゲーム要素を組み合わせて、ユーザーに新たな体験を提供します。Oaken Innovationsとともにシェアリングにおけるスマートコントラクトの実現を目指します。 

3. BigchainDB

BigchainDB-compressor

2014年設立 Round A、HQはドイツベルリン 2016年9月にSeries A 3.37Mを集めています。 

Ethereum Allianceに加入。ブロックチェーン向けのデータベース・ソリューションです。MongoDBなど従来の仕組みと組み合わせることでスケーラビリティを確保したデータベースを提供します。日本の事例として、株式会社リクルートテクノロジーズが挙げられています。今回の取り組みではドライバーデータの共有基盤構築を担当することになります。

4. GEM

GEM-compressor

2013年設立 Series A、HQはカリフォルニア 2016年1月にSeries A 7.6Mを集めています。 

Ethereum Allianceに加入 

ブロックチェーンを使った保険システムを提供します。車両のセンサーが運転データを収取し、ブロックチェーン上に保存し、参照しやすくすることで透明性を高めた格安な保険システムの提供を目指します。 

まとめ

4社とも投資ラウンドとしては、Seed ,Series Aとこれからの会社です。研究機関であるTRIではありますが、ここまで若い会社と組んだことは少し驚きました。TOYOTAを日本企業と括ることが既に失礼にあたるかもしれませんが、日本企業の場合、潰れる可能性のあるSeed 、Series Aの会社と組むことはリスクが高いため、Series D以降の成長軌道に乗った会社と組むのが一般的です。 

背景には、ブロックチェーンの可能性が大きいということはもちろんですが、Uberをはじめとするカーシェアリングビジネスの急拡大により、既存ビジネスモデルが破壊されるかもしれないという危機感もあるのだと思います。今後、自動車メーカーの利益率低減、車の保有台数減少の可能性も予想されていることから、自ら挑戦することで、既存の枠組みを超えた新しいビジネスモデルを作ろうとしているという強い思いを私は感じました。次の発表がとても楽しみな取組です。 

参考:シリコンバレーD-Labプロジェクトレポート

以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。 

Nissho Electronics USAは上記のようなトレンドを把握の上、来るべきデジタルビジネス時代に備え、様々な観点からシリコンバレーで調査を行い、日商エレクトロニクスと連携し、お客様に対し最適な提案をしてまいります。

出張でシリコンバレーに来られる際は是非、Nissho Electronics USAまでお立ち寄りください。ご訪問のお問い合わせ、ご質問はこちらのお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

日商エレクトロニクスのサービスの詳細はこちからから

Share Button
このエントリーをはてなブックマークに追加

Newsletter Signup

シリコンバレーにおけるICTトレンドやローカル情報、日商エレクトロニクスの取り組みに関する最新情報などをいち早くお届けします。

 ニュースレター登録 お問い合わせ

 

コメント

 

関連記事

GPU DataBase
Blog 07/20/2017 ICT全般 | IoT | サイバーセキュリティー Yukiharu Matsugu

GPUデータベースからシャドーIoTまで 2017年Q2 話題のIoT スタートアップ 4選

こんにちは。Nissho Electronics USAの真次です。 もはやニュースでその言葉を見ない日がないといっても過言ではないIoT(Internet of Things)。 現在では世界的なメーカーが彼らの技術を活用し、あらゆるもの […]

続きを見る
Untitled-design-compressor
Blog 07/13/2017 ICT全般 | IoT | 人工知能 Team Nelco

スマートプロダクトを設計する際に必要なユーザーエクスペリエンスとは

AppleのパーソナルアシスタントSiriを搭載した「HomePod」やGoogle Assistantを搭載した「Google Home」、音声アシスタントAlexaを搭載した「Amazon Echo・ Dot」が続々と発表・発売されてい […]

続きを見る
shutterstock_597307097-compressor
Blog 06/22/2017 IoT | ネットワーク Tatsuo Hosoi

IoTを加速させるWoT (Web of Things) への期待

こんにちは。Nissho Electronics USA細井です。 2017年6月6日~9日まで、スイスのジュネーブでIoT Week GENEVE Global IoT SUMMIT 2017が開催されました。AgendaやTwitter […]

続きを見る

著者紹介

Yukiharu Matsugu

Yukiharu Matsugu

2016年4月よりNissho USAに着任。屋外ネットワークとコンピューティングが得意。ITがワークスタイルを変革できると信じて日々最新情報を収集中。サッカーと将棋が好き。

Yukiharu Matsuguの他の記事を読む

Newsletter Signup

シリコンバレーにおけるICTトレンドやローカル情報、日商エレクトロニクスの取り組みに関する最新情報などをいち早くお届けします。

 ニュースレター登録 お問い合わせ

絞り込み検索

Top
MENU