Nissho USAについて

About Nissho USA

  • Nissho USAについて
  • 会社概要
  • 代表メッセージ

日本企業とスタートアップのオープンイノベーションを支援し、新たな価値創造をドライブ

NISSHO ELECTRONICS USA Corporation (略称:Nissho USA )は、シリコンバレーで35年の歴史を誇るイノベーション創出の拠点です。これまで数々のスタートアップを発掘し、日本市場への展開を支援するとともに、スタートアップへの戦略投資をしてきました。この人脈やノウハウを活かし、日本企業とスタートアップのオープンイノベーションを加速する各種サービスの提供をしています。各業界を代表するお客様企業の持つアセットを最大限引き出し、スタートアップと共に新たな価値の創造をドライブします。

Nissho USAのビジネス開発スキーム

オープンイノベーションを推進する事業開発スキーム

Nissho USAは、シリコンバレー進出35年の豊富な経験と人脈を活かし、起業家コミュニティやベンチャーキャピタル(VC)、業界トップクラスの優良企業とのコネクションから、破壊的なテクノロジーを保有するグローバルで勝てるスタートアップを発掘します。
また、日商エレクトロニクスでは、お客様の置かれた事業環境や経営課題を深く理解するとともに、スタートアップのビジネスモデルやテクノロジーを日本市場向けにカスタマイズすることで、お客様の成果に直結するDXに貢献します。

シリコンバレーのスタートアップは世界を変える!

私たちは、シリコンバレーで成功する起業家は世界を変えると信じています。将来を見通した明確なビジョン、それを達成するためのバイタリティを持っています。人々に共感し、問いを作る力、それを解決するアイディアやテクノロジーを持ち合わせ、リスクをとって勝負し、人生を捧げています。

私たちは、そんなスタートアップ起業家の夢を具現化すると共に、日本企業のオープンイノベーションを支援することで、地に足のついたDXを達成し、競争優位性を獲得することを目指して活動しています。ぜひ、一緒に新たな価値を創造しましょう。

シリコンバレー進出35年の歴史を誇るノウハウで、スタートアップとお客様のオープンイノベーションをご支援します。

スタートアップとのオープンイノベーションを支援することで、お客様の競争優位性の確立に貢献します。

各領域におけるスタートアップのソーシング力

各領域におけるスタートアップのソーシング力

  • シリコンバレーの地の利を活かした年間600社程度のスタートアップ発掘力と筋の良いスタートアップを厳選します。
  • 35年の歴史が誇る当地ベンチャーキャピタル、業界リーダー、シリアル起業家とのコネクションがあります。
アーリーステージのスタートアップへの戦略投資

アーリーステージのスタートアップへの戦略投資

  • お客様とのスタートアップのオープンイノベーションを加速し、日本市場へのリソースを向けてもらうための戦略投資をします。
  • 当社がリスクを取ってファイナンス面からの支援に加え、スタートアップの日本市場参入を積極支援します。
先端技術をスピーディにキャッチアップする技術力

先端技術をスピーディにキャッチアップする技術力

  • スタートアップの生み出す最先端技術をスピーディに会得し、お客様のPoC(技術検証)を積極支援します。
  • スタートアップとお客様の間に入りプロジェクトの成功を支援します。
新規事業を創出するマインドセット・ワークショップ

新規事業を創出するマインドセット・ワークショップ

  • 若手メンバーの新規事業創出(イノベーション)マインドの醸成、企業文化・風土の改革に貢献します。
  • シリコンバレートレンド、米国企業のイノベーション事例、デザイン思考によるアイデア創出、戦略立案などのセミナー、ワークショップの個別開催を行います。

メンバー

  • 榎本瑞樹(Mizuki Enomoto)

    榎本瑞樹(Mizuki Enomoto)

    1997年、日商エレクトロニクス入社。エンタープライズ領域の顧客を中心に、Nutanix、Microsoft Azureなどのローンチに携わる他、国内クラウド・ベンチャーへの出資を担当。 2008年-11年、ボストン、サンノゼ駐在時にクラウドの黎明期を肌で感じて以来、スタートアップ企業のアントレプレナーシップとパッションに魅了されている。2019年5月、2回目となる駐在でNissho USA Presidentに就任し、セレンディピティを信じながら日々奮闘中。趣味は、ファミリーキャンプとゴルフ。

  • 小松宣之(Nobuyuki Komatsu)

    小松宣之(Nobuyuki Komatsu)

    2004年、日商エレクトロニクス入社。JuniperやBrocade、Viptelaなどネットワークを軸としたインフラ製品の事業推進や新規ベンダー立ち上げに関与。2017年10月よりサンノゼ赴任。シリコンバレーで得られる最新の情報を発信しつつ、新たなビジネスモデル開発に向け日々奮闘中。2020年現在の担当領域は、クラウドやフィンテック、インシュアテックなど。バスケットボールとキャンプが趣味。

  • 能任秀一(Shuichi Noto)

    能任秀一(Shuichi Noto)

    2008年にユニアデックス入社。5年間の大手通信キャリア向けの営業を経験した後、日商エレクトロニクスへ入社。大手OTTの情報システム部門向けにVDIやWeb会議などの働き方改革を促進するソリューションの販売に従事。2019年よりNissho USAに赴任。お客様のビジネスを共創&サポートできるようなソリューションの発掘を目指し日々活動中。担当領域はITインフラ全般、小売業界、放送業界など。趣味はゴルフとサッカー。

会社概要

設立 1985年
資本金 200万ドル
代表者 榎本瑞樹(Mizuki Enomoto)
所在地 226 Airport Parkway, San Jose CA 95110(GoogleMap
連絡先 TEL 408-969-9700 Mail: info@nelco.com

日商エレクトロニクスについて

日商エレクトロニクスは、米国法人Nissho Electronics(USA)、ならびに双日グループのネットワークを利用して、世界中から最先端のICT技術を発掘しています。経験とオペレーションノウハウに裏打ちされた技術力によって、それら発掘した技術を日本市場にフィットさせ、お客様のデジタルトランスフォーメーションの達成を支援する「Innovation-Leading Company」です。

設立 1969年
資本金 143億円
代表者 寺西清一
従業員 1,007名(連結)
所在地 東京都千代田区二番町3-5(GoogleMap
連絡先 TEL 03-6272-5011

「ゼロからイチを創り上げる」をモットーに、企業のオープン
イノベーションを支援

Mizuki (ENO) Enomoto

Mizuki (ENO) Enomoto

Mizuki (ENO) Enomoto

President
Nissho Electronics (USA) Corporation

 ここシリコンバレーは、破壊的イノベーションが生まれやすい環境にあります。ベンチャーキャピタルやエンジェルによる投資が活発で、偉大な起業家メンターや、スタンフォード大学やUCバークレーなどの産学連携などでエコシステムを形成し、地域全体が起業家を応援する雰囲気があるからです。

 1985年にシリコンバレーに進出して以来、今年で設立35周年を迎えることとなりました。これまで私たちは、シリコンバレーで産声をあげた先端テクノロジーやビジネスモデルを持つスタートアップ企業の日本市場へ展開を支援してきました。その中で、「このテクノロジーで世の中を変えたい」という熱い想いを持った数多くの起業家や優秀なエンジニアとの出会いがあり、日本市場での成功や失敗を繰り返す中で、シリコンバレー流のビジネス発想力やスピード感あるビジネス流儀を学んできました。

 昨今の日本企業を取り巻く環境を考えますと、予測不能な市場環境、製品ライフサイクルの短期化、消費者の多様化などから1社自力でのイノベーション創出は難しくなってきており、スタートアップ企業との共創によるオープンイノベーションは、お客様の経営目標を達成する上で、必要不可欠だと認識しています。

 当社では、日本企業とシリコンバレーのスタートアップ企業とのオープンイノベーションを促進し、事業化することをゴールに活動しています。デジタルトランスフォーメーション(DX)とういう流行語に踊らされることなく、地に足をつけてお客様にとってのDXの本質を捉えていきます。単なるデジタライゼーションによる業務効率化やコスト削減に留まることなく、業界の「常識を覆す逆説的なビジネスモデル」を考え抜き、「ゼロからイチを創り上げる」ことをモットーとして、お客様にとっての新たなビジネスを創出していきます。