Share Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
Blog 06/12/2017 IoT | シリコンバレー | ドローン Team Nelco

ドローン産業に起こる4つの変革

コンサルティング大手pwcによると、現在市場規模約2000億円と考えられているドローンですが、将来的にはなんと13兆近い規模にまで跳ね上がると推測されています。

2016年8月にFAA(アメリカ連邦航空局)がPart 107という飛行ガイドラインを発表しました。その中に産業用ドローンの規定が詳しく定められていたため、専門家達からはドローンにとって2016年は重要な年であったと位置付けられています。

以前は多くの企業が無人航空機は法律・規定が複雑すぎるため本格的な可能性を諦めていました。例えば、Part 107が制定される前の無人飛行機の操縦はSection 333 Exemptionによって認められた機体または、ライセンスを持った操縦士がいなければ認められていませんでした。

Part 107によるビジネスチャンスの拡大

Part 107のガイドラインはどのようにすれば商業目的でドローンを運用できるかを法律的に非常にわかりやすく示しています。これに従うことによって法律を犯すかもしれないというリスクが低くなったのです。

このガイドライン制定によって、ビジネスマンはドローンの技術を以前とは違う目線で見るようになりました。つまり規制緩和によって新たなビジネスチャンスが生まれたといえます。

しかしながらこれは導入が簡単になったというわけではありません。本格的に導入し拡大していくにあたっては適切な保険・ドローンに対するネガティブなイメージの変化等が必要とされるからです。。今回はダイナミックに成長していくであろう2017年のドローン産業にどのような変化が起こっていくかを詳しくご説明します。

ドローン産業に起こるであろう変革

1. 新たな法律的問題

shutterstock_552285421-compressor

多くの人々がPart 107 は商業目的でのドローン飛行のほとんど全ての法律的問題の解決になると考えていました。しかしながらその期待は外れることとなってしまった。Part 107はいくつかのケースを含んでいません。

例えばBVLOS(目視範囲外飛行)や夜間飛行が挙げられます。これらの飛行を行うのはwaiver(責務権利放棄)を書いてFAAから承認を得てからなら問題なく行うことが可能ですが、時間がかかり非効率です。そこで、ドローン弁護士であるSteve Hoganはこのように述べています。

“世界中で多くの人が目視範囲外飛行や夜間飛行を望んでいる。しかし実行するためにはアメリカ連邦航空局によって定められたPart 107 waiverとは違うwaiverを用意しなければならない。アメリカ連邦航空局はエージェンシーコストを抑えるためにも、もっと広い範囲で一般化したルールを用意するべきだ。

このようにルールができたからこそ起こる新たな法律問題が発生するというように推測されています。

2. 実験期から導入期への移行

ドローンが消費者にとって容易に手に入るようになった今、様々な業界のビジネスマンがドローンの技術へ大きな期待を寄せるようになりました。同時に経営者たちはドローンを企業で活用し、ビジネスへどう変革を起こすかということを思い描いていました。

Drone View TechnologiesのCEOであるMichael Singerはドローンの先駆者と呼べるような人物です。彼はドローンへ興味を持つ何百もの企業へドローンがそれらの企業にとってどのように役に立つかということを語り続けました。

そして多くの場合それらの企業はドローンを購入し、小規模の試験運用を行いました。しかし大半の場合法律的問題が大きな障壁となり有効に活用されることは少数です。現在ではその法律問題が変わり始め、導入への準備が整ったといえます。つまり2017年からは経営者の思い描いていた理想を現実に変えていくという時代が予測されるのです。

3. 保険が最重要課題

元々商業用ドローンにとって最大の懸念は法律についてでした。しかしながら以前よりドローンに関する規則が明確化された今、人々の懸念は移り変わってきつつあります。

そこでAerospaceの副社長であるChris Proudloveはこのように述べています。

“現在人々のドローンに関するマインドセットには変化が起こっている。商業目的でのドローンの実践利用が可能となってきた今、利用することによる事故のリスク等を考慮する必要が出てきている。なのでドローンをビジネスとして使う会社は適切な保険を取得する必要が出てくるであろう。”

4. 市民のプライバシーへの不安

shutterstock_416637013-compressor

ドローンを街内で実践運用するときに、もっとも考えられる障害としては市民のプライバシーの問題です。カメラが付いたドローンが街中を飛び回ると、市民がドローンの活用へ反発する恐れがあります。

ドローンが本格的に活用され出したら、一定の市民の反発は避けにくいものとなるでしょう。しかしながら欠点を上回るほどの利点もドローンは持っているのです。

FlyCam UAVのCEOであるJeri Donaldsonにはドローンの良さをこのように語っています。

「ドローンは放射能・危険化学物質等をセンサーによって検知することができます。このようなドローンの一面を市民に理解してもらうことが、脅威ではなく便利で安全なものだと認識してもらうことにつながるのです。」

まとめ

2017年ドローンがビジネスとして本格化していくことは間違いありません。しかしながら、本格化の際には上記のように様々な問題・変化が起こる考えられます。なので将来を先読みしてビジネスを開拓するのが先行者利益を得ることになるでしょう。

  • 弁護士:ドローンの法律問題に関するスペシャリスト化
  • 保険業:どこよりも先駆けてドローン保険を作り上げ商品化する
  • 開発企業:規制を緩和してもらえるようなロビー活動

上記は一部の例だが様々な産業でこういった新たなビジネスが現れはじめています。Nissho Electronics USAは上記のようなトレンドを把握の上、来るべきデジタルビジネス時代に備え、様々な観点からシリコンバレーで調査を行い、日商エレクトロニクスと連携し、お客様に対し最適な提案をしてまいります。

出張でシリコンバレーに来られる際は是非、Nissho Electronics USAまでお立ち寄りください。ご訪問のお問い合わせ、ご質問はこちらのお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

参照:

Global Market for Commercial Applications of Drone Technology Valued at over $127 bn7 Commercial Drone Predictions for 2017

日商エレクトロニクスのサービスの詳細はこちからから

Share Button
このエントリーをはてなブックマークに追加

Newsletter Signup

シリコンバレーにおけるICTトレンドやローカル情報、日商エレクトロニクスの取り組みに関する最新情報などをいち早くお届けします。

 ニュースレター登録 お問い合わせ

 

コメント

 

関連記事

GPU DataBase
Blog 07/20/2017 ICT全般 | IoT | サイバーセキュリティー Yukiharu Matsugu

GPUデータベースからシャドーIoTまで 2017年Q2 話題のIoT スタートアップ 4選

こんにちは。Nissho Electronics USAの真次です。 もはやニュースでその言葉を見ない日がないといっても過言ではないIoT(Internet of Things)。 現在では世界的なメーカーが彼らの技術を活用し、あらゆるもの […]

続きを見る
Untitled-design-compressor
Blog 07/13/2017 ICT全般 | IoT | 人工知能 Team Nelco

スマートプロダクトを設計する際に必要なユーザーエクスペリエンスとは

AppleのパーソナルアシスタントSiriを搭載した「HomePod」やGoogle Assistantを搭載した「Google Home」、音声アシスタントAlexaを搭載した「Amazon Echo・ Dot」が続々と発表・発売されてい […]

続きを見る
shutterstock_597307097-compressor
Blog 06/22/2017 IoT | ネットワーク Tatsuo Hosoi

IoTを加速させるWoT (Web of Things) への期待

こんにちは。Nissho Electronics USA細井です。 2017年6月6日~9日まで、スイスのジュネーブでIoT Week GENEVE Global IoT SUMMIT 2017が開催されました。AgendaやTwitter […]

続きを見る

著者紹介

Team Nelco

Team Nelco

Team Nelcoの他の記事を読む

Newsletter Signup

シリコンバレーにおけるICTトレンドやローカル情報、日商エレクトロニクスの取り組みに関する最新情報などをいち早くお届けします。

 ニュースレター登録 お問い合わせ

絞り込み検索

Top
MENU