Share Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
Blog 06/22/2017 IoT | ネットワーク Tatsuo Hosoi

IoTを加速させるWoT (Web of Things) への期待

こんにちは。Nissho Electronics USA細井です。

2017年6月6日~9日まで、スイスのジュネーブでIoT Week GENEVE Global IoT SUMMIT 2017が開催されました。AgendaやTwitterを見ると、DAY3 にWoT(Web of Things) 関連が議論された様子。WoTは3,4年前にも既に話題に上がったキーワードですが、昨今のIoTの普及が加速し始め盛り上がりつつあるので、今回あらためて取り上げてみたいと思います。

Wot01-compressor

IoTは、モノが繋がらなくてはならない

IoTは色々なモノ (デバイス) が繋がるようになるが、従来、機器単体でオペレーションしていたモノ、個別で完結していたモノ、専用のOSで動いていたモノが殆どで、使う側も外部にデータを出すような事を想定しておらず、それぞれのモノが単独で発したデータを専用画面で見て操作していました。

そして実際のIoTデバイスは多種多様で、メーカーも違えば、使用しているハードもソフトも異なりますので、広範囲に渡るデバイスを繋げるのは想像以上に難しい事でした。ここ1,2年ではIoT市場予測が右肩上がりになってる数字をよそに、実際には繋がらない・・・という状況に直面しています。

一部にはIoTが普及するには、Interoperability (相互接続性) が重要であり、IoT=Interoperability of Things と語る方々もいて、なかなか上手い事を言うな、と感心して聞いています。IoTの普及にとってInteroperabilityの重要性は分かり易いと思いますが、我々の置かれた実際の環境では実現がなかなか難しいです。それは従来のビジネスモデルとのバランスがあるからです。専用機は専用だからこそ、専用機メーカーは相当の価格で展開ができ、価値を提供してきていました。ある意味メーカーによるブランドも維持してきたと言えるでしょう。

Wot02-compressor

例)スポーツという共通プロトコルがあるとコミュニケーションがとれる

コミュニケーションにおいてプロトコルを合わせるということ

確かに我々の実生活においても、母国語やカルチャーの異なる人とコミュニケーションをするのは難しいですが、スポーツやゲームなど共通な話題 (プロトコル) を一緒にする事で容易になりました。そこで、IoTデバイスにおいても円滑なコミュニケーションをするには、何か共通で広く知れ渡ったプトロコルを便利だ (必要だ) という考えが生まれました。

インターネットを飛躍的に普及させたHTML/HTTP

今から30年程前、HTML (HTTPという通信に使う共通プロトコルにより) というWebの普及により、Webブラウザが動作する端末であれば、メーカーに依存せずにアクセスできるようになりました。お店の情報、文献の情報、会社が持っている情報など、従来あらゆるフォーマットでバラバラに存在していた情報が、インターネットで見られるようになりました。

HTMLというハイパーテキストで書かれた情報は、HTTPというプロトコルに乗り、検索エンジンの普及により簡単に調べられるようになりました。情報と“繋がり”を持てる事で、インターネットが爆発的に普及したのは、みなさん記憶に新しいと思います。

そしてIoTの普及にも、同様な共通なプロトコルが必要と考えられるようになり、Web of Thingsと呼ばれ、今、またWeb関連技術が注目されてきています。製品個別で持ち、バラバラに存在している情報を繋ぐ、そしてメーカーに依存しないオープンな規格が求められるという流れは、HTML/HTTPによりインターネットが普及した頃に類似しています。

APIの開示、Web系プロトコルで会話する

Wot03-compressor

市場に広まっている様々なタイプのデバイスをIoT化し、生成された情報を、広く使用できるようになるようにWoTの活用が期待されています。

Webの世界には、開発言語、ハードウエアやOSに依存する事が少ない「HTML5やJavaScript」といったオープンな言語を使用する事ができ、また広く一般的に普及している通信プロトコルを使用することで、相互接続を可能にできるメリットがあります。

簡単にいうと専用機を動作させる専用OSで動作するアプリケーションをHTTPやWeb APIを使った通信で操作させるイメージです。取得したデータを可視化するCloud上の演算システムや、可視化ツール、他のアプリケーションとの連携もHTTPやWeb API経由で実行します。

WoT関連の書籍、カンファレンスも増えてきました。もちろん、WoTにて全てのものが繋がるという事は無いですが、デバイス開発においてもWoTを意識した “繋がり易い“ デバイス、もしくはアプリケーションが語られる頻度は高まり、一般の紙面にも登場してくる日は近そうです。

Nissho Electronics USAは上記のようなトレンドを把握の上、来るべきデジタルビジネス時代に備え、様々な観点からシリコンバレーで調査を行い、日商エレクトロニクスと連携し、お客様に対し最適な提案をしてまいります。

出張でシリコンバレーに来られる際は是非、Nissho Electronics USAまでお立ち寄りください。ご訪問のお問い合わせ、ご質問はこちらのお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

日商エレクトロニクスのサービスの詳細はこちからから

 
Share Button
このエントリーをはてなブックマークに追加

Newsletter Signup

シリコンバレーにおけるICTトレンドやローカル情報、日商エレクトロニクスの取り組みに関する最新情報などをいち早くお届けします。

 ニュースレター登録 お問い合わせ

 

コメント

 

関連記事

GPU DataBase
Blog 07/20/2017 ICT全般 | IoT | サイバーセキュリティー Yukiharu Matsugu

GPUデータベースからシャドーIoTまで 2017年Q2 話題のIoT スタートアップ 4選

こんにちは。Nissho Electronics USAの真次です。 もはやニュースでその言葉を見ない日がないといっても過言ではないIoT(Internet of Things)。 現在では世界的なメーカーが彼らの技術を活用し、あらゆるもの […]

続きを見る
Untitled-design-compressor
Blog 07/13/2017 ICT全般 | IoT | 人工知能 Team Nelco

スマートプロダクトを設計する際に必要なユーザーエクスペリエンスとは

AppleのパーソナルアシスタントSiriを搭載した「HomePod」やGoogle Assistantを搭載した「Google Home」、音声アシスタントAlexaを搭載した「Amazon Echo・ Dot」が続々と発表・発売されてい […]

続きを見る
BLETOP-compressor
Blog 06/20/2017 IoT | データセンター Yukiharu Matsugu

Beacon、BLEで屋内の顧客体験が変わる。 スマートフォンから得たユーザーの位置情報を取得して活用するソリューションとは

百貨店にて Lineのアプリと会話 「どんな服がいいかなあ」 「この間、緑のシャツを買ったし、それに合うパンツはそこを右に曲がったお店にあるよ」 「この棚にあるのね。いいねこれ!」 「ん?お店からLineきた。あ、私だけの特別クーポンだ。う […]

続きを見る

著者紹介

Tatsuo Hosoi

Tatsuo Hosoi

2016年3月までネットワーク及びサイバーセキュリティー分野のマーケティングを担当。同4月にNissho USAのPresidentに着任し、ICT全般のマーケティングを担当する。最先端の動向を掴むべく、持ち前の行動力を活かし、青空の下で日々、東西南北動き回る事を楽しみにしている。

Tatsuo Hosoiの他の記事を読む

Newsletter Signup

シリコンバレーにおけるICTトレンドやローカル情報、日商エレクトロニクスの取り組みに関する最新情報などをいち早くお届けします。

 ニュースレター登録 お問い合わせ

絞り込み検索

Top
MENU