シリコンバレーテクノロジートレンド 2017.05.11

SXSW2017 現地レポート#3 – SXSW2018に初めて参加する人向け、事前準備のすすめ

こんにちは。Nissho Electronics USAの真次です。

SXSW2017ブログ第三弾です。SXSW2017に初めて参加しましたが、準備や現地での活動にいろいろ戸惑いました。来年初めて参加する人のために準備方法と参加するべきピッチイベントをまとめます。

事前準備1 SXSW2018 のFacebookグループに参加

現地で知り合った方に教えてもらい私も途中から参加しました。何年も連続で参加しているベテラン、出展社の方々、現地の日本人などが有益な情報を提供してくれます。開催期間中もおすすめセッションやどこどこで何が開催されているとか情報を知ることができるので参加を検討される方はまず登録しましょう。グループ名:SXSWへGO!(参加/出展/興味のある方のグループです)

事前準備2 カンファレンスチケット購入 早く買うことで最大$500割引き

カンファレンスチケットは、早く購入すると割引コードが適用されます。2017年の場合、9月9日までに購入すれば直前で購入する場合に比べて$500も割引があります。

graf-compressor

※SXSW2017のHPから抜粋

事前準備3 ホテルはできる限り早く予約、Airbnbもいいかも

セッションは、Austin Convention Center, Hilton Austin, Marriot Austinの3会場が中心です。3会場があるダウンタウンエリアに宿泊されるのが便利です。立地のいいホテルは数か月前から予約が埋まりますので参加を決めたらすぐに予約を取りましょう。ホテルはキャンセルができるケースが多いため、ホテルだけ先に抑える方法もいいと思います。Airbnbなどで予約されている方もいらっしゃいましたので、空き状況によっては選択されてもいいかもしれません。

ホテルとダウンダウンの位置関係。ダウンタウンに近いエリアでホテルを取りたい

map01-compressor

ダウンタウン拡大地図

map3 

事前準備4 セッションは各時間帯 第二候補まで決めておく

セッションを選ぶ際に時間帯ごとに第一候補、第二候補と2つのセッションを選んでおくことをおすすめします。SXSWはセッションが予約制ではないため、早いもの順に部屋に入れます。AI, Fintech,IoT,VR/ARなどトレンドのセッション、著名人が参加するセッションは希望者が集中し、収容人数の問題からセッションに参加できないことが少なくありません。(セッションによっては30分前に並んでも入れませんでした。。)そのため、参加できない可能性があることを前提に、第二希望まで決めておくと安心です。

事前準備5 Ride sharingのアプリを登録しておく

※2017/6/19 追記 UberとLyftが使えるようになりました。UberとLyftをダウンロードしておきましょう。

#2(UberとLyftがいない街)で記載しましたが、Uber、Lyftは2017年3月現在利用することができません。

代替手段として、Fasten , RideAustin , Fareのアプリをすべて事前に登録しておきましょう。

Fasten https://fasten.com/

Ride Austin http://www.rideaustin.com/

Fare http://www.ridefare.com/

おすすめセッション

参加した中で来年も出たいと思ったPitch eventをご紹介します。

1. Accelerator Pitch Event

HiltonSalon-compressor

500社以上の予選を勝ち抜いた50社が10個のカテゴリに分かれてPitch eventが開催されます。世の中の大きな流れと最新のビジネスモデルを知ることができるのでおすすめです。

参考:SXSW2017 現地レポート#1 – Startupの登竜門、Accelerator Pitch Event

2. Industrial Tech

holtventures-compressor

建機メーカーのキャタピラー社とHolt Venturesによるのピッチイベントです。製造業に特化したスタートアップが集まります。発電所で無駄に捨てているフレアガスを取り込んで発電する機器、トラックの位置情報を把握して、無駄な動きを減らす仕組み、3Dプリンティングとロボットを活用して道路の舗装を自動で行う自動運転車など、ITとは距離が遠かった分野でITを活用した新しいビジネスモデルが生まれてきています。

参考:製造業がIoTを本格化、Industry of Things World USA 2017 に参加してわかったこと

3. The Collegiate Digital Media Entrepreneurship Tournament

The-Collegiate-Digital-Media-Entrepreneurship-Tournament-compressor (1)

学生企業によるスタートアップのピッチイベントです。全米の予選を勝ち抜いた8社のファイナリストが頂点を目指し競います。

以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。

ご質問はこちらのお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

Nissho Electronics USAではシリコンバレーから旬な最新情報を提供しています。

こんなことを調べてほしい!などございましたらぜひご連絡ください。

日商エレクトロニクスのサービスの詳細はこちからから

この記事を書いた人

アバター

この記事を書いた人

Yukiharu Matsugu

2016年4月よりNissho USAに着任。屋外ネットワークとコンピューティングが得意。ITがワークスタイルを変革できると信じて日々最新情報を収集中。サッカーと将棋が好き。

この記事をシェアする

ニュースレター登録

個人情報の取り扱いについて

下記、日商エレクトロニクス株式会社「個人情報の取り扱いについて」、および当社Nissho Electronics USA Corporationの「Privacy Policy(日本語参照訳:プライバシーポリシー)」についてをお読みいただき、ご同意の上、「送信」ボタンをクリック願います。

日商エレクトロニクス株式会社「個人情報の取り扱いについて