DXを支援する注目スタートアップ 2020.08.16

運転中にスマホ操作しないだけでポイントが貯まるモバイルアプリ This App Saves Lives

COVID-19の影響で、米国では車で旅行をする人が増えています。実際、ベイエリアに滞在している私の同僚や友人は普段であれば飛行機でいくような地域でも、人との接触を避けるために数十時間かけて車で移動をしていました。旅行だけではなく、車を使い移動する場面は今後も増えてくるかもしれません。今回はそのような時に使いたい、安全運転をサポートするモバイルアプリのThis App Saves Livesをご紹介します。

運転中にスマホの操作をしなければポイント獲得

米国では10代、20代を中心に運転中のスマホ操作による事故が大きな問題になっています。このThis App Saves Lives(TASL)は、創業者のRyan Frankel氏の「運転中のスマホ操作によって引き起こされる事故を防ぎたい」という思いから生まれました。このアプリでは、運転中にスマホを操作しなければ(ハンズフリーのコール操作などは除く)、アプリ内で使えるポイントを獲得でき、加盟店の様々な特典を得ることができるというものです。

利用方法は次の通りです。

  1. モバイルアプリをインストール
    モバイルアプリをインストール後、運転中にTASLモバイルアプリへ位置情報取得の許可をするだけで準備が完了です。
  2. ポイント獲得&加盟店の特典で活用
    運転中にスマホの操作をしなければポイントが貯まる仕組みになっています。実際、私が自宅からオフィスまで約11マイル(約17.6キロ)の移動中にスマホを全く操作しなかったところ、21ポイントを獲得することができました。往復で約42ポイント貯まるという計算になります。

 

TASLのポイントが使える加盟店では75ポイントから1000ポイントまで幅広く使える特典が用意されております。私が普段から使っているパーソナルプロテインを提供するGainfulも加盟しており、500ポイントで$10の割引されるという特典が提供されているため、比較的すぐにポイントが貯まり使うことができるように思いました。しかし、実店舗で使えるような特典はまだフィラデルフィア周辺のみの店舗に限定されている加盟店が多いため、普及するには特典を使える地域を拡大する必要がありそうです。

実際のTASLモバイルアプリのUI
21ポイントを獲得
提携している加盟店の特典ページ。貯まったポイントで特典を得ることができる

NisshoUSA注目ポイント

このアプリを使ってみて感じたのは、「安全運転をしたという達成感」が得られる体験が新鮮だったということです。普段私は運転中はポッドキャストを聞く習慣がありますが、運転中にスマホを操作せずに済むよう、次に聞きたい番組を設定しておくようになり、運転前に行う行動が実際に変わりました。この新たな習慣は安全運転に繋がると実感しています。

また、信号待ちなどの間にスマホを触りたくなりますが、「報酬」を用意することでそれを我慢させるという設計がユーザーにストレスを与えずに安全運転を実現するという点でもとてもいい発想だと思いました。

さらに米国では69校の学校で既に使用され始めており、10代〜20代の若者に対して安全運転を促すような仕組みを導入している点も魅力的に感じました。日本でも同様の使い方で事故防止の施策としてTASLのモバイルアプリを活用できるかもしれません。

会社概要

設立年 2019年
所在地 ペンシルベニア州 フィラデルフィア
従業員 5-10名
創設者 Ryan Frankel(CEO)
資金調達 $120K(シード)
VC Techstars
URL https://www.thisappsaveslives.com/

※crunchbaseデータベース参照

最後までお読みいただきありがとうございました。
弊社ではオープンイノベーションの実現ならびにお客様との新規ビジネス共創を目指して、米国企業の取り組みや斬新なスタートアップ発掘を行っています。是非お気軽にお問い合わせください。

弊社へのお問い合わせはこちらのフォームよりお気軽にご連絡ください。

この記事を書いた人

Shuichi Noto

この記事を書いた人

Shuichi Noto

2008年にユニアデックス入社。5年間の大手通信キャリア向けの営業を経験した後、日商エレクトロニクスへ入社。大手OTTの情報システム部門向けにVDIやWeb会議などの働き方改革を促進するソリューションの販売に従事。2019年よりNissho USAに赴任。お客様のビジネスを共創&サポートできるようなソリューションの発掘を目指し日々活動中。担当領域はITインフラ全般、ヘルスケア業界、地域創生など。趣味はゴルフとサッカー。

この記事をシェアする

ニュースレター登録 最新の記事を無料でお届けいたします。