米国ユーザートレンド 2020.05.07

週刊米国ユーザートレンド&注目ニュース 〜フィットネス業界〜

2020年5月第2週目の週刊コンテンツはフィットネス関連を取り上げます。

1. ゴールドジムがチャプター11申請

約55年の歴史を持ち、世界30カ国、700店舗以上の店舗を持つゴールドジムを運用する米国GGIホールディングスがチャプター11(連邦倒産法第11章)の適用を申請しました。再建計画は2020年8月1日までに提出される予定となります。ゴールドジムのCEOであるAdam Zeitsiffはビデオメッセージを公開しており、今後の再建や今提供しているリモートでのパーソナルトレーニングなど、力強いメッセージを発信しておりました。55年の歴史を持つこのような大手企業がCOVID-19の影響を受けたった数ヶ月で倒産まで追い込まれるという世の中に大きな衝撃を与えたニュースとなりました。

引用:https://www.goldsgym.com/blog/restructure-official-company-statement/

2. Noomが$58M(約61億円)調達に成功

2008年創業、ニューヨークに本社を持つNoomはモバイルアプリを使ったフィットネスとダイエットのサポートを行うサービスです。多くのスタートアップがCOVID-19の影響で資金調達に苦しむ中、5月6日、NoomはSequoia Capitalから約61億円の大型調達に成功いたしました。人が集まるジムから在宅でのフィットネスへ、新たな市場には巨額な資金も集まっております。月額$49(約6300円)という、モバイルアプリとしては割高なイメージがありますが、ぜひ試してみたいアプリの1つとなります。

引用:https://www.prnewswire.com/news-releases/wellness-company-noom-raises-58-million-led-by-sequoia-capital-to-grow-its-team-and-improve-its-consumer-offering-300843657.html

3. True CoachがTSGに買収

2015年創業、コロラド州に本社を持ち、オンラインでパーソナルトレーニングを提供するTrueCoachが4月27日、TSGに買収され世間を賑わせました。TSGはフィットネスやヘルスケア、保険など幅広いサービスを提供しております。COVID-19の影響で在宅でのフィットネス市場が急激に成長することを予測して買収に踏み切ったことが予測されます。短期間での買収判断、実行スピードには見習う点が多々あります。フィットネス業界だけではなく、今後様々な業界で同じようなことが起こるのではないでしょうか。

引用:https://www.americaninno.com/colorado/boulder-startups/boulder-fitness-startup-truecoach-acquired-by-tsg/

4. Crunch ジムがストリーミングでレッスンを提供開始

私が通っているCrunchというジム(米国ではあまりメジャーではありません)がCOVID-19の影響でクローズしているため、ストリーミングでのレッスンを開始しました。メンバー会員はフルアクセスできるサービスとなります。この短期間でストリーミングサービスの配信を実行するというスピード感には目を見張るものがありますが、YouTuebeなどの無料で配信されているものと比較しても大きな差はないように感じられます。私自身もフィットネス・語学学習・ゴルフレッスンなどはYouTubeを活用しています。わざわざお金を払ってでもユーザーが入会するようなストリーミングサービスとは何か?COVID-19で本当に実力のある企業だけが生き残る時代になるかもしれません。

引用:https://www.crunchlive.com/

まとめ

COVID-19の影響で在宅でのフィットネス市場は急激に伸びているという状況ではありますが、伝統的なジムについては今後の対応について注目が集まります。米国ではZoomを活用したズンバなどのクラスなどが実施されており、多くのユーザーは既に在宅フィットネスに慣れ始めているように見受けれます。私自身はジムで使っていたベンチプレスを在宅向けに購入しようと試みましたが、安価なものは売り切れ状態のものが多く、5万円以上の高機能のものがまだ残っているという状況で購入には至っていない状況です。フィットネス業界はCOVID-19で大きく変化が起こる業界の1つですので、引き続き注目していきたいと思います。

この記事を書いた人

Shuichi Noto

この記事を書いた人

Shuichi Noto

2008年にユニアデックス入社。5年間の大手通信キャリア向けの営業を経験した後、日商エレクトロニクスへ入社。大手OTTの情報システム部門向けにVDIやWeb会議などの働き方改革を促進するソリューションの販売に従事。2019年よりNissho USAに赴任。お客様のビジネスを共創&サポートできるようなソリューションの発掘を目指し日々活動中。担当領域はITインフラ全般、小売業界、放送業界など。趣味はゴルフとサッカー。

この記事をシェアする

ニュースレター登録

個人情報の取り扱いについて

下記、日商エレクトロニクス株式会社「個人情報の取り扱いについて」、および当社Nissho Electronics USA Corporationの「Privacy Policy(日本語参照訳:プライバシーポリシー)」についてをお読みいただき、ご同意の上、「送信」ボタンをクリック願います。

日商エレクトロニクス株式会社「個人情報の取り扱いについて