シリコンバレーテクノロジートレンド 2020.02.07

2020年春~夏に参加すべき北米ITイベント9選

IT-conference-2020

Nissho Electronics USAが拠点を構えるここシリコンバレーを中心に、北米では多くのテクノロジー関連イベントが開催されており、テクノロジーリーダー達による情報交換が活発に行われています。

イベントの規模は大小様々ですが、どれも私たちにとって最新テクノロジーに関する情報を得ることができる貴重な機会です。

そこで今回は2020年4月から9月にかけて北米で開催されるITイベントを選りすぐってご紹介します。まだエントリーが間に合うものもありますので、参加を希望される場合は各イベントウェブサイトをチェックしてみてください。またNissho USAでは各イベントレポートも順次公開予定ですのでそちらもお楽しみに!

1.Google Cloud Next ‘20(4月)

Google-Next

Google Cloud Next公式ホームページより抜粋

日時:4月6日~4月8日 場所:San Francisco, CA

まず4月初旬に行われるのは、Google Cloud Platformサービスの最新機能アップデートやユーザ事例発表等を中心とした、Google主催の年次カンファレンスです。Google Cloudといえば、先日の2019年第四四半期決算で年間売上高の需要予測値がついに100億ドルを超えると発表し、その大きな成長率から業界で最も注目を浴びているパブリッククラウドサービスの1つです。昨年はマルチクラウド実現に欠かせない新サービス「Anthos」の発表で盛り上がりましたが、第5回目となる今回はどのような新サービスが発表され、どのようにAWSやAzure、その他クラウドサービスとわたりあっていくのか非常に楽しみです。

関連記事:Google NEXT 2019:Googe Cloud Platform注目の理由

2.2020 NAB Show(4月)

NAB

NAB Show公式ホームページより抜粋

日時:4月18日~4月22日 場所:Las Vegas, NV

続いては全米放送協会であるNABが主催する世界最大の放送機器の年次カンファレンスです。放送、デジタルメディア、エンターテイメント業界関係者が一同に会し、毎年10万人におよぶ参加者で盛り上がります。5G元年の放送業界トレンドへの関心は勿論ですが、今年新たに注目したいのは「The Streaming Experience」。これは40以上のストリーミングプラットフォームやデバイスを通して最新ビデオストリーミングサービスの見比べ(コンテンツ、ビデオ品質、広告フォーマット、再生機能、配信方法など)が可能なショーケースで、HBO MAXやQuibiなど現時点では未リリースのストリーミングサービス体験もできるかもしれません。楽しみです。

3.Finovate Spring 2020(5月)

Finovate

Finovate Spring公式ホームページより抜粋

日時:5月27日~5月29日 場所:San Francisco, CA

5月にはフィンテックに特化したスタートアップ企業のリサーチに最適なカンファレンスが開催予定です。本カンファレンスは米国に加え、アジアやヨーロッパでも開催されシリーズ化されています。中でも春先に開催されるSpringシリーズは、シリコンバレーに近いサンフランシスコ開催であることから、特にテクノロジーやビジネスモデルに優れたスタートアップ企業が登場するということで注目を浴びています。銀行、決済、セキュリティ、レギュレーションなど、様々な分野でこれから活躍するであろう注目企業が争う1社7分間のピッチコンテストは見ものです。

関連記事:

【Money20/20 2019 レポート】UberのGrab化に見るアジアのスーパーアプリ模倣の兆し

【Money20/20 2019 レポート】米著名ベンチャーキャピタルが投資し損ねたユニコーン「Hippo Insurance」の魅力とは

4.Future Stores Seattle 2020(6月)

Future-Stores

Future Stores公式ホームページより抜粋

日時:6月15日~6月18日 場所:Seattle, WA

リテール業界に特化したFuture Storesは、別名In-Store Experience Conferenceという別名を持つカンファレンスです。Amazonの登場による顧客の購買行動変化で、リテール業界の顧客体験は劇的に変わりました。そのために実店舗をクローズせざるを得なくなったリテール企業の数も非常に多いのですが、いま改めて実店舗の重要性が提言されています。Future Storesでは、AI、XR、IoT、Video Conference、Virtual Mirrorなど、様々なRetailTechを駆使して、実店舗のあり方や店舗内の顧客体験向上によりリテール業界の活性化を進めています。最新の店舗体験を是非体感してみてください。

関連記事:

【米国リテールトレンド】シリコンバレーに新登場!無人店舗プラットフォーム「Nano Store」体験レポート

【Retail’s Big Show & Expo 2020】NikeとPumaの顧客獲得アプローチの違いに学ぶ「New Retail」の鍵とは

5.COLLISION(6月)

Collision

COLLISION公式ホームページより抜粋

日時:6月22日~6月25日 場所:Toronto, Canada

こちらは世界最大級のテックカンファレンス「WEB Summit」の北米版カンファレンスです。企業各社トップが講演するセッションも勿論見ものですが、何と言っても主役はスタートアップ企業。展示会場の約9割を占めるスタートアップ企業は、成長レベルや資金調達レベルにあわせて分類されており、約数百社が日替わりで展示を行います。開催当日までに選考を経た約60社による連日のピッチコンテストも見逃せません。スタートアップ企業が中心であることから、投資家とのコネクションつくりにも最適です。今年はどのような新しいアイディアをもったスタートアップ企業が登場するのか非常に楽しみです。

関連記事:

スタートアップの祭典 Collision Conference 2018初潜入 -ピッチファイナリストに見る新トレンド-

6.Black Hat USA 2020(8月)

Blackhat

Black Hat公式ホームページより抜粋

日時:8月1日~8月6日 場所:Las Vegas, NV

8月にはRSA Conferenceに並ぶ世界最大クラスのセキュリティカンファレンスが開催されます。セッションだけでなく、トレーニング、ブリーフィング、展示会などで構成されています。ヨーロッパ、アジアでも定期的に開催されていますが、アメリカ版は特に規模が大きく、一度に最新トレンドやベンダー情報などを収集するには最適です。AIなどテクノロジーを駆使した最新セキュリティソリューションに加えて、業界全体で進むパートナーシップも注目すべきポイントです。Black Hat期間終了後からはじまるハッカーが主役のDefConへもチャンスがあればご参加されることをおすすめします。

7.Disrupt SF 2020(9月)

Disrupt-SF

Tech Crunch公式ホームページより抜粋

日時:9月14日~9月16日 場所:San Francisco, CA

Disrupt SF 2020は、TechCrunchが主催するスタートアップの登竜門に位置づけられるイベントです。目玉はスタートアップバトルフィールドと呼ばれるピッチコンテスト。昨年はAWSやAzureとは異なった観点でマネージドクラウドサービスを提供する「Render」が優勝しました。また数多くのスタートアップとコミュニケーションのとれる展示スペースも人気ですが、日替わりで展示企業が入れ替わるので興味を持ったらその日のうちに必ずコンタクトすることを忘れずに。様々な業界から著名人が参加することでも有名です。スタートアップ調査なら是非このイベントを活用してみてください。

参考記事:

【TechCrunch Disrupt SF 2019】スタートアップバトルフィールドを制した「Render」とは?

【TechCrunch Disrupt SF 2019】レイ・ダリオ氏が語る「アイディアの能力主義」とは?

8.Health 2.0(9月)

Health2.0

Health2.0公式ホームページより抜粋

日時:9月16日~9月18日 場所:San Francisco, CA

Health 2.0 は医療、ヘルスケア分野における最新のヘルステックやユーザ事例などを紹介するグローバルカンファレンスです。今年は世界最大の医療ITカンファレンスを主催するNPO「HIMSS」傘下に入ったことで今まで以上に注目を浴びて盛り上がっています。大企業、ヘルステックスタートアップ企業、投資家までが一同に会し、新たなビジネスモデル創出について意見交換ができるチャンスです。医療、ヘルスケア分野は、保険業界とも今後密接に関わっていきます。医療関係者のみならず、保険業界で活躍される皆さまにも是非参加頂きたいカンファレンスの1つです。

9.InsureTech Connect(9月)

ITC

InsureTech Connect公式ホームページより抜粋

日時:9月21日~9月23日 場所:Las Vegas, NV

こちらは世界約60ヵ国から7000名以上の参加者が集う、保険業界で最も大きなカンファレンスです。保険会社は勿論、業界で活躍するテクノロジースタートアップやイノベータが一同に集結し、最新ユースケースやビジネスモデル等、様々な議論が活発に行われます。ここ最近は、自然災害など不測自体での保険損害金額の増大により損保分野が盛り上がりを見せています。またAmazonに代表される異業種の同分野参入も話題になっています。保険業界で活躍される皆さまは勿論、これまで異なる分野で活躍されており今後保険分野への参入を検討している皆さまにもおすすめです。

関連記事:

【InsureTech Connect 2019】インシュアテックは保険会社の敵か味方か

【InsureTech Connect 2019】参加者必読!直前に注目すべきインシュアテックスタートアップ3選

【InsureTech Connect 2019】参加者必読!直前におさえておきたい保険業界トレンド

以上になります。最後までお読み頂きありがとうございました。

Nissho Electronicsは最新テクノロジートレンドも視野に入れた、デバイスにとどまらない提案と構築・保守・運用の一貫したソリューションをご提供しています。サービスの詳細はこちらからご覧いただけます。また、弊社へのお問い合わせはこちらのフォームよりお気軽にご連絡ください。

この記事を書いた人

Nobuyuki Komatsu

この記事を書いた人

Nobuyuki Komatsu

2004年、日商エレクトロニクス入社。JuniperやBrocade、Viptelaなどネットワークを軸としたインフラ製品の事業推進や新規ベンダー立ち上げに関与。2017年10月よりサンノゼ赴任。シリコンバレーで得られる最新の情報を発信しつつ、新たなビジネスモデル開発に向け日々奮闘中。2020年現在の担当領域は、クラウドやフィンテック、インシュアテックなど。バスケットボールとキャンプが趣味。

この記事をシェアする

ニュースレター登録 最新の記事を無料でお届けいたします。